CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
17歳
 5年先輩の武藤芳照さんが
母校のスーパーサイエンススクールの指導で
刈谷に来られたのをきっかけに
水泳部の集まりがあったので出席。

一人を除いてみなさんぼくより年上。
なんか安心したりして。


武藤さんは昨年、東大大学院教授を退官され、
今年から、日体大総合研究所長に就任。
それまで、ロサンゼルス、ソウル、バルセロナオリンピック
水泳チームドクターなどに関わられてきた。

お話によると
全てのきっかけは水泳部にある。
人の一生は17歳で経験したことで決まる。
16歳でも18歳でもない。
セブンティーンなのだそうだ。

納得した。

自分のことを振り返ってみた。

高校2年。反抗期。何をやってもむしゃくしゃ。
その頃ぼくは水泳にのめり込んでいた。
高校入学後に始めたので
速くなるにはまじめにやらないと
他のメンバーに追いつけなかった。

勉強はそっちのけ。
気づいたら、順位は後ろから数えて13番目!
これではどこにも進学できない。やばっ。
夏が終わって勉強を始めるも
集中できない。やばっ。

そして1年半、正しい受験生になった。
少し恋もした。

そうか。17歳なんだ。

みなさんの17歳はどうでしたか。

| 泳ぐ | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刈谷市市長杯水泳大会
 毎年恒例の水泳大会。
今年も50m自由形、50歳以上の部で出場。
ぼくも56歳だから、
50歳成り立てのライバルが出て来たらちょっと不利。

それは残念ながら現実になった。

その成り立て氏のタイムは30秒!
ぼくは37秒。目標の34秒は遥かかなた。
そして、とほほの4位。


原因はそれだけではない。
明らかな練習不足と
ハードワークの疲れ。

そして、この日の深夜、大変なことになる。

| 泳ぐ | 14:52 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
夏が終わる
 28日は2011年8月最後の日曜日だった。
それは55歳のぼくには二度と来ない夏。
当たり前のことだ。
わかっていても夏の終わりは寂しい。

じゃあ、特別に何かやったといえば、
そんなことはないよくある普通の一日。

午前中はバイクの整備をして、
午後からは、春日井市図書館で読書とレポート作成。
その後、プールで1000mゆっくり流して
近くのスターバックスでレポートの続きを仕上げる。
スタバはこういった作業がなんではかどるんだろうか。

春日井市の図書館はいすの座り心地、
レイアウト、インテリアも洗練されていて好きな空間だ。
快適すぎて、数ページでいつの間にか
うたた寝してしまうのが欠点でもある。


泳いだ後のけだるさを夕日が優しく包み込んでくれる。
田んぼからはいつの間にか秋の虫の鳴き声が。
この感情と空気感、幼い頃に味わったそれと変わらない。


やっぱり、夏の終わりはセンチメンタルなのだ。

| 泳ぐ | 23:43 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
刈谷市長杯水泳大会
 今年はひと月遅れで開催。
会場は昨年と同じ愛知教育大学。

大学内にプールがあるのはいい。しかも50m。
なぜいいかって?なんとなくいいのだ。

ぼくが通っていた大学にもあって、
暑い夜にこっそり入って涼んでいた。
暗いからノーパンであることは言うまでもない。

大会前のこのパンと張った水面が気持ちを引き締める。


ぼくの種目は50m自由形、50歳以上の部。

この日の30数秒のために、一年間の猛特訓を積んできた。
というのは真っ赤なウソ。
二ヶ月前からぼちぼちはじめて
数週間前からちょっとまじめに練習。
まったく、学生時代の定期試験の癖が未だに抜けきっていない。

お気楽なようでも、レースはそれなりに緊張する。
車の中では、気分を高めるために
ブルーススプリングスティーンや
ストーンズ(古っ)を聞く。
ちょっと新しめではオリアンティ。
レースの30分前には
梅丹本舗のMeitanCCCを飲む。
これ、ぼく的にいろいろ試した中では一番パワーが出る。

いよいよスタートだ。
赤い帽子がぼく。
昨年は36秒。今年の目標は35秒。(その割には練習してない)


で、

結果は37秒05。

上の写真、よく見るとぼくの右のコースの人は
とっくにゴールしている。


しかし、

50歳以上での順位は2位。
この部門、2人しか出ていないので当たり前だのクラッカー。
1位とは6秒もの差があった。

雨が激しくなり、雷注意報も発令されたので大会は中止となり
会場を後にした。


大学のキャンパスはなんかいいなあ。



| 泳ぐ | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
なんちゃって水泳部
毎週木曜日は水泳。
と、決めた。
部活動である。

クラブ名は〈なんちゃって水泳部〉。
拠点は春日井市温水プール。
50m、水深2mの本格的な施設だ。
なんと言ってもいいのは人が少ないので、
自分のペースで練習できることだ。

メニューは基本的には気まぐれ。
あっ、これ、良くないですね。

ときには、こんなメニュー。

200mアップ
100mプル×4
50mビート×4
100m×4
200mダウン

しかし、あくまでも目標値。
特に後半の100m×4がファンキー。
途中で中止になる。
なんと言っても、
なんちゃって水泳部だからこれでいいのだ!

または、
1000から1500mのロング。
7割の力でするので、中止になることはない。
やっぱりシニアは持久系ですね。

ただいまメンバー大募集中!
プールでは赤いキャップをつけているので
すぐ発見できると思います。

時間は19:30から20:30。
プール代、500円。
途中参加、全然オッケイ。


| 泳ぐ | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
屋外市民プールはゆるくていいなあ
 21日土曜日。
本日も夏全開。予想気温34度。
午前中読書後、
自宅から車で10分のところに見つけた
犬山市民プールへ。
屋外型50m、ちょっと古いけど、
利用者が少なくコースロープも張ってあるので、
ノンストップで長距離もできる。
何よりも、この開放感がたまらない。
シャワーもないけど、料金は150円!


こういうところで、力んで泳ぐのは似合わない。
ゆるく、ゆるく、1000m。


この子は夏休みの間、何回くらい来ているんだろう。

心地良い疲れでお昼寝、せずに図書館へ。
恥ずかしながら未だにしっかり決めていなかった
会社の理念を成文化するためだ。
今は成り行きでは、仕事は長続きしなくなっている。

DVDで「ゴールデンスランバー」2009年1月公開を見る。
原作は伊坂幸太郎。2007年11月発表。
市井の青年がある日突然、
総理大臣暗殺者にされてしまうというお話。
ハラハラドキドキはないけど、
権力の不気味さと一般人のたくましさが痛快だ。
ゴールデンスランバーとは黄金のまどろみ。
この憶えのない容疑がまどろみのなかの出来事か。

なかなかおもしろい映画でした。

| 泳ぐ | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スイム練習
 9月の伊良湖トライアスロン大会にむけてのスイム練習で
若狭の三方五湖付近の海へ。
メンバーは尾張トライアスロンクラブ。
ぼくは、まだ経験不足で
とても伊良湖の大会には出られないけど、
来年のデビュー戦に向けての練習のために参加した。


適当な周回コースを設定して
それぞれのペースで1時間泳ぐ。
海での経験が少ないせいか、まっすぐ進むコツがつかめない。
時々顔を上げて確認しないと
とんでもない方向に向かっていることがある。
1時間泳ぎ続けることはできず、休憩をはさみながら40分。
その後はBBQ。メンバーに手慣れた人がいて、
次々に食べ物がでてくる。

が、

痛風のぼくには、ほとんど禁止のものばかり。
結局、トウモロコシだけで展覧会の搬出のために先に帰った。


こういうのを我慢することは結構辛いと思っていたけど、
近ごろ野菜中心の食生活をしているせいか、
それほど苦にならなくなってきた。
これは、菜食主義になろうとは思わないが、
体が維持できるなら、いい傾向だと思っている。

| 泳ぐ | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
刈谷市長杯水泳大会
 25日、刈谷市長杯水泳大会に出場。
チーム名は刈谷高校水泳部OB会“亀泳会”。
場所は愛知教育大学。種目は50m自由型。
最近改修されたらしく、透明度が高い水が気持ちいい。
プールがある大学はいいなあ。


24日、信州の安曇野で行われたイベントに参加、宿泊。
彼の地を早朝4時に発ち8時半プール着という
強行スケジュールで体調は60パーセント。
わずか30数秒のためにそこまでするか。
これでいいのだ。


結果は、36秒19。50歳以上の部で2位。
今年はちょっと多めに練習した。
練習量は結果に出る。うれしい。


夜、テレビで都はるみの特集をやっていた。
ぼくは、この人の歌より生き方のファンで、
それは演歌ではなく、まさにロック的である。
番組のなかで

原点がある人は幸せだ。
なぜなら、そこに帰れるから。

と、話していた。
ぼくのスポーツの原点は泳ぐこと。
小学生のころから暇さえあれば学校のプールに行っていた。
当時は暇だらけだったけど。

だから、水に入ると安らぐ。

| 泳ぐ | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いよいよ刈谷市長杯
 さて、この日がやってきた。

6時起き、6時半出発、8時半に
35年ぶりに母校刈谷高校のプール着。

青春の思い出がいっぱい詰まっている
というのもオーバーだけど
ここで多感な3年間を過ごしたことは間違いない。
部室も特に修理されず、そのまま。

30数秒ののために2時間半かけてやってきたぞ!


かつて眺めていたときと同じ風景。

OB会の名前は「亀泳会」。
今回出場メンバーの平均年齢は55歳。たぶん。
僕は「若手」だ。
それにしてもみなさんいい顔していますね。


そして僕。海パンも新調。(注:左だよ)


結果は36秒52。50代の部3位。目標の33秒を大幅に下回った。
あと、オープン参加で50mバタフライ。これは何とかゴール!
現役部員と記念撮影。
みんな若いというより、子供とおじいさん。


このあと、目的もなく列車に乗った。


| 泳ぐ | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
庭のちトレーニング
朝、庭木の手入れ。
これでも、農学部林学科、しかも造園学出身!
だから、他人のお世話になるわけにはいかないのだ。

しかし、ほとんど籍があるだけの学生で、
卒論まで友人を頼っていた僕に木の知識があるわけない。
かなり適当に切っているので、
木もさぞかし失望しているだろう。

友人の庭師の評価によれば、
木をどうしたいのか、全く理解できないとのこと。

これは、10年前に子供が拾ってきたドングリを植えて育った木だ。



普通、庭には植えない木だそうだが、
あれよあれよと、ここまでになった。
大事に植えた木は、いとも簡単に枯れたりするけど、
ほったらかしにしている木は、意外に元気に育つ。
夜店の金魚、ヒヨコとか、川で捕ったザリガニとか、
そんなことない?

その後、名古屋造形大学の図書館にて読書&レポート。
偶然見つけた
「人脈の赤本 成長と成功につながる6.5の金言」
ジェフリー・ギトマー 著
その中から、



午後は本日のメインイベント。
実際のトライアスロンの距離にチャレンジ!

この競技は大会によって、距離が様々だ。
フルタイプは、
スイム3,000m、バイク180km、ラン42.195kmという
まさしく鉄人的自虐的破壊的距離。僕にはとうてい無理!
目指しているのは、オリンピックディスタンスといわれる
スイム1,500m、バイク40km、ラン10km。

昨年はその半分の大会に出場したけど、
それでもヨレヨレだった。
甘くみていました。すみませんでした。

まず、春日井市民プール。
スイム1,500m、30分40秒。
これは普通のマイペース。
自転車まで車で移動30分。
バイク40km、1時間38分50秒。
調子にのって飛ばさないように心がけた。
ラン10km、1時間7分(距離だいたい)
諸先輩の教えのように
走り始めは足を引きずるようにした。

7月12日、トライアスロン練習会にエントリーしている。
制限時間3時間30分。
よしっ!完走できるめどがついたぜ。

| 泳ぐ | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>