CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 伊良湖へ2 | main | 北の国から >>
夏が終わる
 28日は2011年8月最後の日曜日だった。
それは55歳のぼくには二度と来ない夏。
当たり前のことだ。
わかっていても夏の終わりは寂しい。

じゃあ、特別に何かやったといえば、
そんなことはないよくある普通の一日。

午前中はバイクの整備をして、
午後からは、春日井市図書館で読書とレポート作成。
その後、プールで1000mゆっくり流して
近くのスターバックスでレポートの続きを仕上げる。
スタバはこういった作業がなんではかどるんだろうか。

春日井市の図書館はいすの座り心地、
レイアウト、インテリアも洗練されていて好きな空間だ。
快適すぎて、数ページでいつの間にか
うたた寝してしまうのが欠点でもある。


泳いだ後のけだるさを夕日が優しく包み込んでくれる。
田んぼからはいつの間にか秋の虫の鳴き声が。
この感情と空気感、幼い頃に味わったそれと変わらない。


やっぱり、夏の終わりはセンチメンタルなのだ。

| 泳ぐ | 23:43 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
健康的な一日でしたね、うらやましい!
めでたしめでたし!
| 松原伸一郎 | 2011/08/30 6:27 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://m-torii.jugem.jp/trackback/993
トラックバック